【ブランティング】

Lips

東京/出張ホスト/全国出張可

"女性用風俗求人『KaikanWork』を見た"とお伝え下さい!

店長ブログ

  • 【ブランティング】

     


    クリックしてくださった皆様へ 


     


     


     


    数あるブログの中から


     


    本日もLips店長ブログをご閲覧いただきまして誠にありがとうございます。 


     


    店長ブログを担当の七海(ななみ)でございます。


     


     


     


     


    どのような商品もサービスも


    どんなにその内容が良いものであっても


    お客様に「購入してもらいたい」と思っていただけなければ


    買っていただくことはできません。


     


     


     


     


    そのために「ブランディング」が重要になります。


     


     


     


    ____________


     


    ブランディングは英語の「Branding」で、ブランドをつくる・構築するという意味の言葉です。


    ブランドの定義は、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会によれば“ある特定の商品やサービスが、消費者・顧客によって「識別されている」とき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ”とされています。つまりブランドとは、消費者や顧客から自社の商品やサービスが、ほかの企業の商品やサービスとは「違うもの」として認められることで成り立つものです。


    ですから、ブランディングとは単に認知を高めることではありません。自社の商品やサービスと他社とが明らかに区別されること、消費者や顧客に「その企業ならではのもの」として認識させるための取り組みがブランディングです。そこでは、自社が伝えたい企業や商品の価値と、消費者や顧客がイメージする価値を一致させることが大切です。 


     


    引用:https://www.tosho.co.jp/3520/


    ____________


     


     


     


    女風店においても


    セラピストのブランディング


    お店としてのブランディング


    この構築が日々の課題だとも言えます。


     


     


     


    どんなに容姿が優れていて


    どんなに良い性格でも


    それがお客様に伝わらなければ


    お客様の購入には繋がりません。


     


     


     


     


    ブランディングの意識が無いままにツイートやHPにて発信しても


    内容がブレてしまい伝わりにくいです。


     


     


     


    当店ではブランティングについて


    Kaikanセラピストランキング連日上位の


    水沢恭輔が


    直接アドバイスさせていただきます。


     


     


     


     


    皆様からのご質問やご意見を聞きながら


    ご一緒にブランディングを考えていきます。


     


     


     


     


    男としてどう魅せるか。


    ご一緒に考えてまいりましょう!


     


     


     


     


    本日も最後までお読みいただき


    ありがとうございました。


     


     


     


    ◆ ──────────────────── ◆


    【Lips】


     


    お問い合わせ:@lips_tokyo_  (Twitter)


     


    求人案内:


    https://kaikan.work/shop/tokyo/host/495/


     


    HP : https://www.lips20201015.com/ 


     


     


    Email:lips.tokyo1015@gmail.com


     


     


     


    プロデューサー:水沢恭輔(FIRSTCLASS)


    https://kaikan.co/shop/tokyo/host/285/therapist/32/


     


     


    ブログ担当:七海(ななみ)



    ◆ ──────────────────── ◆