女性用風俗帝が安易に割引をしない理由

"女性用風俗求人『KaikanWork』を見た"とお伝え下さい!
080-4403-5354

求人ニュース

女性用風俗帝が安易に割引をしない理由



最近、女性用風俗店でいき過ぎた「安売り」が横行しています。初回無料と謳っている店舗や、万単位でのセールを行っている女性用風俗店が存在します。
もちろん、選ぶ女性側にとっても値段の安さは重要な情報でしょう。
そこで、店舗を利用してもらって評判を高めるためにセールを行うお店が存在することは理解できます。

しかし、女性用風俗店同士がこのまま価格争いに終始してしまったらそれは女性用風俗という業界自体の首を絞めることになりかねません。

そしてまずそのしわ寄せは女性用風俗で働くセラピストにきます。店舗によっては、キャンペーン中は交通費などの費用を差し引くと時給換算でコンビニのバイトより低いなんてことはザラにあります。
もちろんセラピストからしても全てがお金のために、という訳ではないでしょうが、自身のサービスの対価として報酬という形で評価されないとモチベーションを保つのは難しいでしょう。
そうなれば一流の素敵な男性はわざわざ女性用風俗で働らきたいと思わないでしょうし、セラピストがもっといいサービスをしよう、自分の接客を磨こう、という意識を保てなくなってしまいます。

結果的にサービスの質が低下し、利用するお客様にも不利益が被ってしまいます。

僕は自分のサービスが価値のあるものであると自負しています。もらっているお金以上のサービスをしようと思っていますし、このサービスを利用することでしか得られない快楽や幸福感を与えていると思っています。そのための努力を怠ったこともありません。

新人期間などは、女性の指名が人気のセラピストに集中するため、ある程度は仕方がないのかもしれません。しかし、サービスの質を保つ、セラピストという職業自体の価値を保つためには、行き過ぎた「安売り」はやめるべきです。

ひいてはそれがお客様の利益に繋がるとも信じています。

ですから女性用風俗帝は極端なセールを行いません。「安売り」をするのではなく、女性からすれば少なくではないであろう値段、それに見合うだけのサービスを提供できるよう妥協なく、誠心誠意尽くします。